転職サイトが教えてくれない転職成功までの手順!本当は何をすべき?

転職サイトが教えてくれない転職成功までの手順!本当は何をすべき? 20代の転職

こんにちは、こにこな(@koni_kona)です。

この記事は、

転職女子
転職したいけど何からしたらいいのか分からない…

という方や

転職男子
転職活動を始めたけど、上手く行ってない…

という方に向けて、活動経験者の僕から言えることをまとめたものです。

今回は転職を「成功」するまでの手順について簡単に書いていきます

ちなみに転職サイトが教えてくれないことも入ってます。

(これは転職サイトが利益を追求するゆえに教えないことなんですが…)

こにこな
自分が納得のゆく転職をしたい人はぜひ読んでください!

スポンサーリンク

はじめに:転職サイトにとって転職者は金のなる木

転職サイトにとって、転職したい人は「お金のなる木」と同じだということをまずは理解しましょう。

転職サイトの簡単なビジネスモデル

①たくさんの会社の求人情報を載せる
②転職者を登録させる
③会社とマッチさせる
④掲載していた会社から〇〇万円もらう

これが簡単な転職サイトのビジネスモデルです。

なので、転職サイトは転職させてなんぼなのです。

利益にならないので、転職したくなくなるようなことは極力言いません。

転職サイトに書いてある「転職の仕方」は嘘ではありませんが、転職に繋がらない重要なことを書いてないのです。

こにこな
彼らも仕事なので仕方ないと言えば仕方ないですが…

この記事では、転職サイトが載せない「転職をしない可能性」についても重要であることも書いていきます。

1.まずは転職したい気持ちの整理

まずは、「転職をしたい」という気持ちと向き合いましょう。

実は一時の気持ちの変化だけかもしれません。

転職はとても時間がかかり、環境も変化するので精神的にも疲れるものです。

落ち着いて自分の気持ちと向き合って見てください。

こにこな
会社をやめたいと思っている人は下記記事も読んでみてください!

スポンサーリンク

2.絶対必須の自己分析

そして、これは絶対に飛ばしてはいけない項目です。

 

自己分析をしましょう。

 

大事なことなのでめちゃくちゃ強調しました。

このステップは本当に飛ばしがちですが、絶対に必ず本当にしてください。

これをせずに、なんとなく転職して失敗した人をやまほど知っています。

まずは、

「自分がどういう人でどうなりたいのか」

これを確実に理解しましょう。

こにこな
自己分析のやり方については別の記事に書いているので、ぜひ読んでみてください

3.自分が今「職」に求めること

自己分析と少し似ていますが、あえて載せました。

自分が今「職」に対して求めていることを考えてください。

2の自己分析の際にどういう結果が出てくるのかによって変わってくると思います。

例:好きな音楽で生きていきたい
→楽器の練習する時間が欲しい。仕事はお金稼ぎ

例:能力をつけたい
→需要の高いスキルが身につく仕事

上記は例ですが、自分が今「職」に求めることはなんでしょうか?

お金でしょうか?名声でしょうか?スキルでしょうか?

あくまで仕事は自分の人生の一部です。

場合によっては、週5で働く必要もありません。お金だけならバイトの方が効率よく稼げる場合もあるでしょう。

まずは落ち着いて、自分が今「職」に求めることを考えてみてください。


スポンサーリンク

4.目的の達成に必要なことの整理

続いて、目的の達成に必要なことを整理してみましょう。

目指す仕事の内容によっては、すぐに転職できない場合があります。

すぐに転職できない職業例
・専門職(エンジニア、美容師など)

・エンタメ系(俳優や声優など)

・フリーランス系(ブロガー・ライターなど)

・外資系(英語や外国語の勉強)

上記はあくまでも一例です。

それぞれ専門的な勉強が必要であったり、何かしらの経験値を積む時間が必要なものです。

転職する前に専門学校に行ったり、自分で勉強する時間が必要だったりします。

人や職業によってここは異なりますが、自分の目的の達成に必要なことを整理してみましょう。

「未経験可」は狭き門

よくデザイナーの募集やエンジニアの募集で「未経験可」という募集を見かけますが、こういう類の募集は非常に狭き門です。

有名大卒であったり、他の職業での実績があるなど、

「教えた分を利益として返してくれそう」

という見込みがある人だけしか就職できません。

僕の知人でも短大卒でアルバイト経験の長い方が、

転職女子
デザイナーになりたい!

と転職活動を初めて「未経験可」の求人を送りまくっていましたが、ことごとくダメでした。

冷静に考えて欲しいのですが、企業も即戦力を期待して求人募集をしています。

「未経験」の人など、よっぽど「経験値」以外の魅力がないと通りません。

なので、本当になりたい職業がある場合は、自分で経験値を積むことを覚悟しましょう。

未経験からエンジニアになるならTechAcademy

「TechAcademy」

TechAcademyは、オンラインで最短12週間(3ヶ月)でプラグラミングの勉強ができるオンラインスクールです。

他のプログラミングスクールが平均して50万円もかかるのに対して、TechAcademyは25万円〜と格段に安くなっています。

また、受講完了後にそのまま転職支援もしてくれて、その後の進路も安心です。

5.いよいよ転職サイト登録

さて、自分のやりたいこと、そのために必要なスキルも身につけました。

ここでようやく転職サイトに登録です。

自分の職業に特化している転職サイトをメインで登録していきましょう。

以下、僕が個人的にオススメしている転職サイトです。

1.自分の市場価値を判定してくれる「ミイダス」

「ミイダス」
MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

ミイダスは入力するだけで、自分の市場価値を判定してくれるアプリです。

この記事で重要と言った自己分析のお手伝いをしてくれます。

登録の際に自己診断の質問に答えるだけで、自身のタイプをしてくれ、それに応じた仕事や会社を提示・オファーしてくれます。

2. 関東20代ならAidemSmartAgent

「AidemSmartAgent[既卒・フリーター・第二新卒]」

AidemSmartAgentは、1都3県在住(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)の20代に特化した転職エージェントです。

第二新卒の方がメインですが、フリーターの方でも本気で正社員を目指す際は強くオススメできます。

定期的に合同説明会や履歴書の添削などのイベントが開かれるのも魅力の一つですね。

3. スマホで転職「ジョブクル」

「ジョブクル」

ジョブクルはスマホのアプリだけで転職活動ができる最新のアプリです。

アプリをダウンロードして、記入事項を済ますと、AIが自動的に求人情報を探してあなたに適した求人を提示してくれます。

また、履歴書の書き方などもスマホ一つで完結できるため、めんどくさがり屋の人にオススメです。

4. 業界最大手マイナビエージェント

「マイナビエージェント」
人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

業界最大手のマイナビです。

マイナビエージェントは普通のマイナビとは異なり、転職支援の担当が付いてくれるので、転職に向けての業界知識などを教えてくれます。

ざっくり業界のことを知りたい人や、人によるサポートがもらいたい人にはオススメです。


スポンサーリンク

まとめ:自分を知ることが転職の最大の近道

何よりも転職を成功させるには、「自分を知ること」です。

もちろん時間はかかりますが、失敗のない転職には必要なことです。

自分が何をしたいのか、職に何を求めるのかを大事にして転職活動をしてみましょう。

スポンサーリンク

失敗しない動画編集パソコンの選び方!

動画編集に必要なパソコンのスペックの基準と選び方について徹底的にまとめました! また、2019年4月の最新の動画編集におすすめパソコンをノートパソコンとデスクトップに分けて紹介いたします! これさえ知っておけばパソコン選びにも失敗しません!