僕の人生が会社を辞めろと叫んだ日

僕の人生が会社を辞めろと叫んだ日 無益な活動記録

こんにちは!フリーランスになり曜日感覚がなくなりつつある、こにこな(@koni_kona)です!

ちょっと引っ越しだったり、自分の中での思考の整理整頓だったりで報告が遅れましたが、この度2018年3月末で新卒1年目に入った会社をわずか1年で退職することを選びました。

ここでは、僕が退職至った理由をつらつらと述べていきます。


スポンサーリンク

会社を辞めた理由

辞めた理由をすごくシンプルに言うと、「辞めなきゃダメだ」と思ったからです

今まで、それを自分の言葉にすることがなかなか難しかったんですが、自分なりにその辞めたい気持ちに向き合った結果、どうも自分は2つの理由で辞めたいと思っていたようでした。

惰性で働く自分に気づいた

1番大きな理由は、自分が惰性で働いていることに気づいたからです。

 

僕が就職活動をしていた当時、東芝の倒産や働き方改革などが世間で騒がれていた時でした。終身雇用がもはや遠い夢の国の話になり、会社に頼って生きるという選択肢は考えられませんでした。

「会社に何かあっても、自分の力で生きていけるようなスキルを身に着けなきゃ…」

「これから先どんなことがあっても必要とされるスキルってなんだろうか…」

そんなことを考えながら就職活動をしていました。で、当時マーケティングに関わる研究をしていた僕は、

「マーケターって絶対なくならない仕事なのでは?」

と考え始めました。

なぜなら、僕はマーケティングを「物を売るための行動すべて」と定義していたからです。どんな物でも売ることができれば、一生何があっても生きていけるだろうなと思いました。

そういった考えから、web系の広告代理店に入り、そこでwebマーケターとして成長することを決めました。

 

自分で言うのもあれですが、一見するとすごく綺麗に整った思考だったと思います。

 

でも、これが僕の誤った就活の思考でした。

なぜなら、「自分のやりたいこと」という軸で全く就職活動をしていなかったからです。

 

 

入社後半年間は、「最強のwebマーケターになってやる!」という気持ちで土日も勉強する勢いで働いていました。

おかげで半年後には、ひとつの分野の知識はある程度身についたということで、同期の中で最速の部署異動を経験しました。これは自分の努力が評価されて素直に嬉しかったです。

ただ、ちょうどそのくらいから、「このまま広告代理店で働いていて僕は将来どうなるんだろう」ということを考え始めました。

そう考え始めてからというものの、みるみる入社当初の「最強のwebマーケターになってやる!」という気持ちが薄れていき、働くことにやり甲斐を感じなく、惰性で何時間も労働する状態になってしまいました。

 

入社半年にして、働く意義を見失い惰性で働き始めていることに気づいた。

これが僕が会社を辞めようと思った1つ目の理由です。

自分が価値を感じるものに全力で生きていきたいと思った

2つ目の理由は、自分が価値を感じるものに全力で生きていきたいと思ったからです。

 

上場企業で働いていて、僕は思った以上に意思決定にお金という要素が絡んでくることに気づきました。

当たり前ですが、企業はお客さんのニーズがあってもお金にならないことはやらないのです。

上場企業としては、株主に対する責務があるので、ある程度は利益を重視して動いていかないといけないということを百も承知です。加えて僕もお金がないと生きていくのがなかなか難しいことも理解しています。

ただ、僕と会社とではお金という価値の重要度がかけ離れているなと思いました。

「会社に所属している限り、自分の価値軸で生きるということは不可能だな」と、このとき僕は気づきました。

 

お金ももちろん重要だけど、それ以外にも重要なものはいっぱいあるし、自分なりの価値軸で生きてみたいというのが今の気持ちです。

これからの活動

僕はこれから、「自分が価値を感じるものに自分という価値を投じる」ことを意識していきたいと思います。

自分のやりたいことをやって、その中で社会に対して自分という価値をアウトプットしていきたいと思っています。

この考え方で、生きていけるのかどうか正直まだまだわからないところがありますが、「やらない後悔よりやる後悔」。全力で「これが俺だ」を示していきます!

スポンサーリンク