Web・デジタルマーケターは転職に有利?現Webマーケターが教えます!

Web・デジタルマーケターは転職に有利?現Webマーケターが教えます! Web/デジタルマーケターの転職

こんにちは。YouTubeやWebサイトのマーケターをやってるこにこな(@koni_kona)です。

元同僚
Web・デジタルマーケターの転職って需要あるの?

みたいなことをたまに聞かれますが、めちゃめちゃあります

引く手数多すぎて、どこでも仕事もらえるほどです。

というわけで、今回はWeb・デジタルマーケターとして転職活動経験のある僕が「Web・デジタルマーケターの転職」についてまとめていきます。

読んで欲しい人
・現在デジタルマーケターで転職に悩んでいる人
・これからデジタルマーケター に転職しようとしてる人

スポンサーリンク

そもそもWeb・デジタルマーケターって

Web・デジタルマーケターとは、一言で表すとインターネット上でマーケティングの戦略を考える職業です。

インターネット上のマーケティング手法を駆使して、自社の製品や売り上げを向上させるためのプランを考えて実行していくのが主な仕事です。

Web・デジタルマーケターの仕事領域
・SNSマーケティング
・Web・インターネット広告
・動画マーケティング
・SEO
などなど

上記のように、一言で「インターネット上のマーケティング手法」と言っても領域が広すぎるので、人によってはもっと絞った職業名を持っている人もいます。(SEOマーケーなど)

小さな会社では、広報担当がこれらのことを自分で調べて勉強している場合もあるので、知らないうちにWeb・デジタルマーケターへの道に踏み入れていることもあります。

こにこな
「デジタルマーケター」という単語を知ってる皆さんなら既知の事かと思います

現Web・デジタルマーケターは転職有利か

結論から言いますと、転職にとても有利です。

最近ではほとんどの大手企業が一つの広報・PR・広告の手段として、インターネットを選択するようになりました。

また、TikTokなどを始めとした新しいSNSの登場が後を絶たないので、市場は広がり続けています。

しかし、まだまだその領域でマーケターとして活動経験のある人材は少ない状況です。

こういった状況から現在Web・デジタルマーケターの人は転職活動にとても有利です。

こにこな
実際、僕が転職活動時に受けた企業はほとんど最終面接まで通りました

スポンサーリンク

未経験がWeb・デジタルマーケターを目指す場合

未経験の方がWeb・デジタルマーケターを目指す場合は、ある程度勉強や実績を積む必要があります

転職の場合、どんな職でも即戦力を求められることがほとんどなので、未経験から目指す場合は知識の取得時間を避けては通れません。

Web・デジタルマーケターの転職時に有利な資格を取得したり、現在の会社でインターネットやSNSを使った広報などの仕事をこなしましょう

そういった実績があれば、未経験からでも転職することができます。

転職時に有利な資格

マーケターの資格を調べると色々な資格が出てきますが、僕が取得しているのは以下の2つです。

他にも有料の資格で「webアナリスト検定」などがあり、おすすめしているサイトもあります。

しかし、実際に取得しているという人をあまり見たことがありません。

それよりも実績の方が大事なので、現職でなんとか実績を積めないか努力することを強くオススメします。

ただし、第二新卒であれば未経験からでも比較的転職しやすいです!

大手のインターネット広告代理店は第二新卒で求人を多く出しているので、第二新卒の方は狙い目です

まとめ:Web・デジタルマーケターは転職に超有利

今回は、Web・デジタルマーケターの転職事情についてまとめました。

Web・デジタルマーケターは転職に超有利です。

僕自身、ファーストキャリアとしてWeb・デジタルマーケターを選択してとても良かったなと転職時に実感しました。

現在Web・デジタルマーケターで、転職を考えている人は安心して大丈夫です。

未経験の方も転職できれば、今後のキャリア設計を有利にできることでしょう。

「Web・デジタルマーケターの転職はWORKPORT」



WORKPORTは元々、IT・インターネット業界専門転職エージェントでした。

その関係からWeb・デジタルマーケターは転職にも強く、求人数も豊富です!

Web・デジタルマーケターでの転職を考えてる人はWORKPORTが強い味方になってくれます。

スポンサーリンク