自分よりもすごい人と出会ったときのポジティブな考え方

自分よりもすごい人と出会ったときのポジティブな考え方 学び・気づき・小言

こんにちは!初noteデビューして、童貞捨てたような気分になっている、こにこな(@koni_kona)です!

日常生活を送っていると、同世代で自分よりもすごい人と出会うことがあると思います。

そういう時、妬んでしまったり、なんだか落ち込んでしまったりする人っているんじゃないでしょうか。

 

「めっちゃ分かります!」

 

いやあ、だってなんか悔しくなるじゃないですか。「あいつはあんなにすごいのに、自分はなんで…」とかね。

でも、考え方ひとつでそんな気持ちも吹っ飛びます!

今回は、そんな「自分よりすごい人と出会ったときの考え方と対処方法」を伝授します!

読んで欲しい人
・負けず嫌いな人
・人を見て妬んだ経験のある人

スポンサーリンク

自分よりすごい人に出会ったときの考え方

自分よりすごい人に出会ったときに、僕が考えるようにしていることを書いていきます!

相手のすごさに気づいている自分もすごい!

まず、相手のすごさに気づいている自分も十分すごいと思います。

相手のいいところをすぐに見抜くという能力に長けているということになります。その能力にもっと磨きをかけて、言葉にできるレベルになれば、企業の採用担当や人事になることもできると思います。

採用や人事だけでなく、優秀な人ほど人を見る目もやはり備わっています。誇るべきすばらしい能力だと思います。

相手の能力が自分に必要か考える

これが重要な思考です。相手のそのすごい能力が今の自分に必要か考えましょう

必要か不必要かでその後のやることが変わってきます。

必要ない場合がほとんど

で、冷静に考えてみると、ほとんどの場合が必要ないという結論になると思います。

「本当はいらないんだけど、なんだかすごいスキルだから欲しいなあ。いいなあ。」

と思っているだけです。

そういう欲張りな自分に気づく、案外冷静になれます。

必要な場合は喜べ!

逆に必要だった場合は、最高に喜ぶべきです!

何事もパクるのが上達までの近道です。

今自分が必要な能力を持っているすごい人が目の前に現れているんだから、その人を真似るだけですごい能力を習得できるということになります。

 

想像してみてください。

あなたは今期末テストの会場にいます。なかなか難しくて問題が思うように解けません。

そんなとき、隣のクラスの優秀なやつが一足先にテストを終えたようです。

で、「うえ~い!もうテスト終わったぜ!」と答案用紙を手に現れてるみたいなもんです。

絶対見ますよね。見ないのは損です。

幼きこにこな
カンニングじゃないんですか?
こにこな
テストのカンニングはダメだけど、スキルのカンニングはやらないと損だよ。できる人ほどパクるのがうまいしね

スポンサーリンク

まとめ:すごいやつの能力は気づいて盗め!

何事もパクるのが一番はやいです。イチから失敗や試行錯誤を積み重ねて成長するよりも、答えを見ながら真似てった方が圧倒的に早く上達します。

自分よりすごいやつが現れたら、むしろ喜んで能力を盗んじゃいましょう!

スポンサーリンク