ジモティーで出会ったおもしろかった人4選

ジモティーで出会ったおもしろかった人4選 学び・気づき・小言

こんにちは!シェアハウス引っ越しに向けて断捨離中のこにこな(@koni_kona)です!

最近僕は、シェアハウスに引っ越すにあたって、ジモティーというアプリでいらない物をどんどん売ったり、あげたりしています。

そうした中でいろんな人と出会うことになるのですが、普段はなかなか出会えないようなおもしろい方と出会ったので、ここでちょっと紹介しておきます。

読んで欲しい人
・引っ越しを考えている人
・断捨離中の人
・刺激が欲しい人

スポンサーリンク

そもそもジモティーってどんなアプリ?

ジモティーのロゴ

画像引用:株式会社ジモティー – 株式会社ジモティーのコーポレートサイト

 

そもそも「ジモティー」というアプリを知らない人もいると思います。

すごくざっくり「ジモティー」について説明すると、

地元に根ざした掲示板アプリ

です。

要は、「住んでいる地域の近い人どうしをネットで繋げて、人と人の間で出会いや取引を行ってもらうアプリ」と言うと分かりやすいかと思います。

一時期めちゃめちゃCMをやっていたときがありましたので、「地元の掲示板、ジモティー」のキャッチコピーで覚えている人もいるかもしれません。

ジモティーで出会ったおもしろい人4選

ここからジモティーで出会ったおもしろい人を個人が特定されない範囲で紹介していきます!

1.子どもとガレージでトレーニングジム作ろうとしてる人

すごく気さくなお父さんという雰囲気の方でした。

なんでも介護離職されているそうなのですが、少し前に親が亡くなってしまったそうで、特にしばらくやることもないそうです。

なので、自分の家のガレージのスペースを活かして、近所の子ども達がトレーニングをできるスペースを作ろうとしている方です。

僕は、昔「筋トレしようかな」と思って買ったダンベルが家にあったので、それを引き取ってもらいました。

子どもが使うトレーニングジムという話だったので、たぶんサッカーボールとかバスケットボールもあった方がいいだろうと思い、ついでにその2つもプレゼントしました。

2.何でも屋で月100万くらい稼いでる人

何でも屋のおじさんです。月100万くらい稼いでるそうな。

電子レンジを引き取ってもらったのですが、何でも屋なので本当に何でも回収してくれるみたいで、ついでに食器やハンドミキサーなんかも回収してもらいました。

なんでかわからないですが、すごい話が盛り上がり、何でも屋のビジネス事情を聞かせてもらったのですが、その中で一番印象に残っているのが、

「日本の100円ショップのものは海外だと500円くらいの価値で売れる」

という衝撃の事実です。

そりゃあ月100万円も儲かるだろうなあと思いました笑

だって、無料で回収したお皿なんかを海外に輸出してお金にしているのですから、原価はほぼゼロです。儲からないわけがない。

お金を稼ぐということに執着するなら、何でも屋さんという選択肢もありなのかもしれないですね。

3.外国人向けの大工さん養成施設を作ろうとしてる人

「ああ~そういう需要ありそう!」

ってめっちゃおもいました!

うちの母親は建築士をやっているので、僕も建築業界の話を聞くこともあるのですが、日本は圧倒的に職人さんや大工さんが不足している状態だそうです。

それを海外の人材で補ってもらうというのは、すごく需要があると思います。

で、そういった事業を行う中で海外から来てくださった外国人が住む部屋や部屋の家具も用意してあげているそうで(めっちゃいい人)、僕の家にあるテーブルやベッドなんかを引き取っていただきました。

ご本人自身も大工をやっていた経験があるためか、手際よくベッドを解体して車に積んでいく姿が頼もしかったです。

4.パチンコで生活してる人

実際にいるんだなあと思いました。パチンコで生活する人って都市伝説か何かだと思ってましたから。

正直にもうしあげて、パチンコをやっている人にあんまりいいイメージがなかったものでしたが、とても気さくで話しやすい方でした。

なんというか、パチンコをもう仕事として割り切ってしまっている雰囲気があり、この域に達するとオーラが全然違うなと思いました。

最近、暇だからゲームでもしようかなと思い始めたらしく、僕のプレステ3を引き取っていただきました。

幼きこにこな
癖がすごい人が多いですね笑
こにこな
平日の昼間での取引が多いので、その時間帯に時間に余裕のある人ってだいたい会社に勤めている人である可能性が低いんですよね笑 だから多様でおもしろい人に出会うんだと思います

スポンサーリンク

まとめ:ジモティーの出会いから新しい発見も!

ジモティーでは、普段出会わない人と取引をすることになります。取引をしているときには、お互いのことを話す必要はないのですが、せっかくの機会ですから、普段どういったことをやられていて、自分の渡すものがどのような使われ方をするのかを聞くとおもしろい発見があると思います!

また、今回は、「物の取引」を行いましたが、ジモティーでは「コミュニティの募集」「スキルの提供」などの掲示板も存在していますので、ぜひそちらも使ってみてください!

僕も何かの機会で使ってみようかなと思います!

スポンサーリンク