転職就職ミスマッチはなぜ起こるのか。雇用者・企業の理由

転職就職ミスマッチはなぜ起こるのか。雇用者・企業の理由 学び・気づき・小言

こんにちは!フリーランスでなんとか生きてるこにこな(@koni_kona)です!

多くの人が、転職就職の活動中に、「ミスマッチ」という言葉をよく聞いたことがあると思います。

ミスマッチとは、雇用者と企業のニーズがずれていることを指します。時間やお金がすごくかかる採用でミスマッチが起こるのは、雇用者にとっても企業にとってもよくありません。

今回、ミスマッチがなぜ起こってしまうのかについて、多くのメディアでとりあげられている原因を徹底的に調べ、僕の考えを織り交ぜ、雇用者側の原因と企業側の原因の双方からまとめました!

読んで欲しい人
・転職活動中の人
・就活生
・企業の人事担当者

 


スポンサーリンク

雇用者側が原因のミスマッチが起こる4つの理由

雇用者側が原因のミスマッチが起こる4つの理由

まずは、雇用者側が原因の理由について解説します。就職や採用で転職していると考えられる人の共通点や、メディアで取り上げられていることを踏まえ、独断と偏見で4つに分けました。

1.自己分析不足

真っ先にあげられるのが、自己分析の不足です。自分を理解していない、理解したと錯覚しているがゆえに起こってしまうミスマッチです。

転職や就職の成功者に共通しているのは、自分が会社を通して何を得たいのかをはっきりさせていることです。

それを理解するためには、自己分析を徹底的に行っておく必要があります。

「自己分析は面倒だ」と思うかもしれません。しかし、これから先に何年働く可能性のある会社選びです。しっかりと自分と向き合って、自分が求めるものを明確にした上で、それが得られる会社選びをした方がいいと思います。

2.企業の理想像に合わせようとしている

こちらもよくある原因のひとつです。雇用者側が、企業が求める理想像に合わせようとしている場合があります。

自分を無理に作る必要はありません。偽った自分を見て採用した企業は、あなたではなく、「偽ったあなた」を採用しています。採用された後もずっと自分を偽り続けなければなりません。それでは、ミスマッチに繋がってしまいます。

自分を偽らず、自分の素を出した上で、採用したいと言ってくれる企業を選びましょう。

3.事前の調査不足

入社を考えている会社の事前の調査が不足しているとミスマッチに繋がる可能性があります。

事前に会社の事業やビジョン、福利厚生を調べておくのはもちろんですが、社風や働き方なども調べておきましょう。

特に企業は表向きには、自社のいい面しか押し出しません。OB訪問や、転職口コミサイトなども使用し、実際に働いている人の声を聞くのも大事です。

できれば、実際に事前にアルバイトなどで、働いてみることをオススメします。いきなり転職や就職というのが当たり前になっていますが、ミスマッチに対する課題意識を説明すると、採用担当者によってはアルバイトで事前に業務を体験させてくれることもあります。絶対にミスマッチを起こしたくない人には、オススメの方法です。

4.企業に就職するだけが働き方だと思っている

最後になりますが、企業に就職するだけが雇用の形ではありません。

僕自身、記事作成時点では、フリーランスのwebマーケターとして働いています。

会社というのは世の中に価値をアウトプットする形のひとつです。もし、自分のやりたいことが、会社を通して行うことができない場合は、就職や転職をする必要はありません。

「就職しなけばならない」「転職しなければいけない」という考え方をいったん捨てて、自分がどうやって社会に対して価値をアウトプットしていきたいか考えてみると、様々な方法が思い浮かんでくると思います。

こにこな
「次の会社を決めてから辞めないといけない」っていうのも固定観念です。いったん退職してから、いろんな気になる会社でアルバイトしてみて、その中から転職先を選ぶというのもアリだと思います

企業側が原因のミスマッチが起こる4つの理由

企業側が原因のミスマッチが起こる4つの理由

続いて、企業側が原因のミスマッチです。僕自身が転職活動中に出会った採用担当者との会話や、多くのメディアで指摘されている点を踏まえ、独断と偏見で4つにまとめました。

1.雇用条件を過度によく見せようとしている

まず、最も大きな理由に、「企業側が雇用条件を過度によく見せようとしている」ことがあります。入社前の会社説明や募集要項の内容で「弊社に入社するメリット」しか推しておらず、雇用者が入社後にデメリットに気づくということです。

企業側の採用担当者としては、雇用者を増やさなければならず、場合によっては採用人数のノルマを持っていることもあるでしょう。そうした中で、少しでも自社をよく見せようと雇用条件の良い部分だけを押し出したくなるのは非常に理解できます。

しかし、それによって雇用者が実際に入社したあとで、悪い部分をどんどん知り、「想像していた内容ではない」という状態になってしまうことが、転職や就職のミスマッチの原因にあります。

仮にその年の採用ノルマを達成できたとしても、ミスマッチによって辞めてしまうのであれば、本末転倒です。最初から自社の悪い面についても説明した上で、それでも選んでくれる人を採用する方がミスマッチが減るでしょう。

採用のノルマに関しても人数ではなく、継続勤務年数などの別の要素も考慮に入れて考える必要があります。全社的に採用に関するKPI(目標数値)の設定の仕方を見直しましょう。

2.高い人材レベルを求めすぎるあまり親和性を軽視している

企業が転職者や就職者に対して高い人材レベルを求めるあまり、自社との親和性を軽視していることが原因にあげられます。

人材レベルが高いことを重視するのは決して悪いことではないのですが、ある程度妥協は必要です。

また、人材レベルを意識するばかり、事業内容やビジョンに対する熱量がない人材を採用してしまっている可能性があります。極端な話ですが、自社との親和性のない人間を雇うのであれば、外注するのとほとんど代わりありません。

逆に、ビジョンや事業に対する熱量が感じられる人物であれば、入社後に高いパフォーマンスを発揮する人材へ変化してくれる可能性は十分あります。なぜなら、そういった人材は言われたことタスクに対してのコミットではなく、その先の事業やビジョンに対してコミットしようとするので、言われた以上の仕事を行う可能性が高いからです。

人材レベルばかりを意識するのではなく、ビジョンや事業に対する熱量や共感性というところをもう少し重視することで、ミスマッチを減らせる可能性があります。

3.学校やリクルーティング会社などの外部組織との連携不足

外部の組織との連携不足も原因のひとつとしてあげられます。 人事の担当者で、よくあるのが、「自社から探しに行こうという行動が少ない」ということです。複数のリクルーティング会社に登録している人任せな採用では、ミスマッチは起こります。

採用において雇用者と企業の立場は平等です。現在主流になっている、「雇用者が企業に足を運ぶのが当たり前」という形は不自然です。自社が採用したい人物がどういう組織や機関に所属しているのかをデータから把握した上で、こちらから乗り込んでいきましょう。

4.自社が求める人物像を把握しきれていない

人事や社長などの取締役によって、会社にとって必要な人物像というのがぶれている場合、採用がうまくいかないことがあります。 組織が大きくなるほど、採用担当者、取締役、従業員の役割が分断されてしまいます。その結果、それぞれの立場によって求める人物像がズレている場合があります。

一度社内で、「自社にマッチする人物像」という意識を統一することで、どいう人材を採用するのか方針を改めてみてもいいと思います。案外ズレている場合が多いようです。

こにこな
個人的に採用は社運を担う一大要素だと思っています。ドラッカーの言葉を借りると、「組織において最大の資産は人」です

スポンサーリンク

まとめ:ミスマッチは社会全体の問題

ミスマッチは社会全体の問題だと僕は思っています。

ミスマッチは雇用者だけが悪いわけでもなく、企業だけが悪いわけでもありません。両者が課題意識を持って取り組むことで解消されていくものです。

ミスマッチという不運な事故を減らすためにも、雇用者側と企業側ともに意識的に改善していきましょう!

スポンサーリンク