「会社辞めたいな」と思ったときに、考える5つのステップ

「会社辞めたいな」と思ったときに、考える5つのステップ 学び・気づき・小言

こんにちは!フリーランスwebマーケターのこにこな(@koni_kona)です!

今回は「会社辞めたいな」と退職を考え始めた人に考えて欲しい5つのステップについて書きました!

僕自身、新卒入社で入った会社をちょうど1年で辞めてしまっているのですが、そのときに考えたステップです!同じように「会社辞めたいな」と思い始めた人は、ぜひ参考にしてみてください!

読んで欲しい人
・会社を辞めようかなと考え始めている人
・会社を辞めたいけど、その理由がわからない人
・次の転職では絶対に失敗したくない人

 


スポンサーリンク

ステップ1 なんで辞めたいのかを考える

まず最初に、自分がなんで辞めたいのかという、理由について考えます

理由なんて考えなくてもいいという意見もよく見かけますが、やっぱりできるなら考えた方がいいです。もちろんすごく精神的に病んでしまっていて、それどころではないという人もいるかもしれませんから、絶対とは言いません。

ただ、「会社を辞めたい気持ち」と向き合うことによって、これからどうしたらいいのかが見えてくるので、僕は辞めたい気持ちと向き合うことをおすすめしています。

また、自分を理解していると、転職活動で「なんで前職を辞めたんですか」と聞かれたときに、しっかりとした受け答えをすることができます。受け答えに筋が通っていていると、好印象を持たれることが多いという実用的な理由もあります。

僕自信もフリーランスとして活動することを決める前までは、転職活動をしていた時期もありましたが、自信を持って受け答えることができたため、スムーズに選考を進められた会社がいっぱいありました。

考えるのが苦手な人は下記のようなリストも参考にしてみてください。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

引用元:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

 

理由は一つである必要はないので、何個か会社を辞めたい理由を見つけられたら、サクサクとステップ2に移りましょう!

こにこな
ちなみに僕は「会社の考え方と合わない」という理由でした

ステップ2 自分が仕事に何を求めているのか考える

自分の辞めたい理由がわかったら、「自分が仕事に何を求めているのか」について考えましょう。

辞めたい理由を考えられた人なら、すぐに見つかるかもしれません。というのも、不満に感じていることの反対が自分が仕事に求めているものである可能性があるからです。

例えば、「給与が低いから」という理由が見えてきたのであれば、「給料が高いこと」があなたが仕事に求めるものの可能性があります。

もちろんこれは一概には言えませんが、大きくハズレていないと思うので、自分が仕事に何を求めているのかを見つけることができたら次のステップに進みましょう!

 

こにこな
僕の場合は、辞めたい理由が「会社の考え方と合わない」ということなので、「考え方を共感しあえること」でした

スポンサーリンク

ステップ3 今の会社がどうであったら働き続けられるか考える

続いて、今の会社がどうなったら働き続けられるか考えてみてください。これは意外に盲点で、行っていない方もいるのではないでしょうか。

例えば、ステップ2で、自分が仕事に求めているものが「給料が高いこと」であるならば、「給料をあげてもらったら働き続けることができる」ということになります。上長との交渉次第では辞める必要がないかもしれません。

せっかく苦労して就職している会社です。辞める必要がないのであれば、辞めない方が転職や退職に伴うリスクや、お金や時間などのコストを避けることができます。ぜひ上長と交渉して、環境や条件を変えてもらって、自分が働きやすい状態にすることにチャレンジしてみましょう。

 

ただ、ここで考えた「今の会社がどうであったら働き続けられるか」で、「原因が解消されたはずなのに何か違うな」と思う人も多くいると思います。そんな人はステップ4に移りましょう。

こにこな
意外に相談してみると、条件を変えてもらえることもあります。僕の先輩では、実際に条件を変えてもらって退職しない道を選んだ方がいました

ステップ4 1~3のステップを繰り返す

ステップ3で考えた「今の会社がどうであったら働き続けられるか」で、上長と交渉し、原因が解消され、仕事に求めるものも得られることになったとします。にもかかわらず、「あれ?でもやっぱり働きたくない…」と思う人もいるはずです。

これは、おそらくまた別の理由があるということです。

違うと思った場合は、もう一度ステップ1の「なんで辞めたいのかを考える」ところまで戻って、別の理由で1~3のステップを行ってください。

ポイントは、「会社を辞めたい理由」「働くことに求めるもの」は1つでなくてもいいところです。いくつもあってもいいので、1回目で出てきた理由は大事にとっておいてください。

これを繰り返していくことで、「会社を辞めたい理由」を見つけることができ、さらに「働くことに求めるもの」も同時に見つけることができます。

こにこな
僕も「会社を辞めたい理由」「働くことに求めるもの」はいっぱいありましたね笑 欲張っちゃいましょう!

スポンサーリンク

ステップ5 優先順位をつける

最後にステップ4までで出ていた「会社を辞めたい理由」「働くことに求めるもの」に優先順位をつけましょう。これが実は一番難しいです。

過去経験した成功体験や失敗したときに感じたことを振り返っていくと、優先順位がつけやすくなります。

1回つけた優先順位は、翌日見直すと「なんか違うな…」となることもあるので、日を置いて考え直すのもいいと思います。

ちょっと面倒くさいと思ってしまうかもしれませんが、何回もやることで、やるべきことも明確になるので今後の活動も決めやすくなります!

こにこな
転職の場合、ここで決めた優先順位が最も高いものだけは絶対譲らないでください。それを譲ってしまうと次の転職先でも同じ理由で会社を辞めたくなる可能性があります

まとめ:自分がわかると自信がつく

今回は「会社辞めたいな」と思ったときに、考える5つのステップについて書きました。1~5のステップを行うことで、会社を辞めたい理由や、働くということに何を求めているのかを見つけることができます。そうすることによって、転職活動を有利に進めることができる他、次の転職先のミスマッチを防ぐことができます。

また、副産物として「自分を見つける」ことができ、自信が湧いてきます。自信が湧いてくると、表情も豊かになるし、モチベーションも上がるし、いいことだらけです。

ぜひ、この方法で「会社を辞めたい」という自分と見つめ合ってみてください!

スポンサーリンク