休日が待ち遠しい人の共通点と改善策

休日が待ち遠しい人の共通点と改善策 学び・気づき・小言

こんにちは!男子だけのシェアハウスに住み始めて男子校の気持ちが分かり始めた、こにこな(@koni_kona)です!

 

「あ~早く休日にならないかなあ」

 

あなた、もしくはあなたの周りでこういうこと言ってる人いませんか?

いわゆる「休日が待ち遠しい」タイプの人です。

僕自身もそういう時期はあったので、その気持ちはめちゃめちゃ分かります。

今回は、自分が「休日が待ち遠しい」働き方をしている人の共通点と、僕が実践したその改善策を公開します!

読んで欲しい人
・「休日が待ち遠しい」タイプの人
・やりがいを持って働きたい人

スポンサーリンク

休日が待ち遠しい人は仕事に満足してない

休日が待ち遠しい人の共通点は、たった1つしかありません。

今の仕事に満足して働いていない

これのみです。

休日が待ち遠しい人の働き方は、はっきり言って惰性です。働くことに大きな価値を感じていないまま働いています。

僕も新卒として入社した会社では、休日が待ち遠しく、惰性で働いていた時期がありました。

平日は朝起きると、「あ~仕事か~」

仕事中は、「早く帰りて~」

というような状態です。

人生の半分くらいは働いて過ごすのに、こんなマイナスな気持ちで働き続けるのはしんどいと思います。

早くもっと自分なりに満足のいく働き方ができるようにしないと人生もったいないです。

「じゃあ、休日が待ち遠しい状態を改善するためにはどうすればいいんだよ!」っていう人のために、僕が実践したことを次に書いていきます!

休日が待ち遠しい状態を改善するために行ったこと

僕は休日が待ち遠しい状態を改善するために、主に2つのことを行いました!

ステップ1:休日が待ち遠しい原因を知る

真っ先に行ったのは、自分の「休日が待ち遠しい」という気持ちと向き合うことです。

原因がわからなければ、解決する手段もわかりません。

「休日が待ち遠しいなら会社を辞めろ」と言ってしまう人もいますが、会社を辞めなくてももしかしたら、働くことが楽しくなるかもしれません。

なので、いったん落ち着いて、自分の気持ちと向き合ってみることをオススメします。

具体的な方法は下記で解説してます!

休日が待ち遠しい原因を知るために読むべき記事
「会社辞めたいな」と思ったときに、考える5つのステップ

 

ステップ2:やりたいこと・好きなことを見つける

原因を見つけて、

「今の会社じゃ解決できそうにない!」

という結論になったら、「自分が求めているもの」を見つけましょう。

簡単ですが、「自分に素直になってやりたいことを書き出してみる」という方法があります。意外に「自分ってこんな欲求があったんだ!」と新しい発見になるので、ぜひ実践してみてください。

自分のやりたいことを見つけるための記事
100の夢リストを作ってみた!作り方と実例を公開!

「もっと確実に自己理解を深めたい!」

という人は、就活時期に行った自己分析をもう一度行いましょう

人の価値観は、経験によって変化するものなので、就活時代とは違った結果が出てくると思います。

こちらの記事では、忙しい社会人のための自己分析方法も書いてます。

社会人のための自己分析方法が書いてある記事
社会人こそ自己分析をやれ!圧倒的自己理解が自分を変える!

 


スポンサーリンク

まとめ:「働く」をもっと楽しく!

人生の半分は、働いていくことになります。

なのに、「早く休日が来ないかなあ」というようなマイナスな気持ちで働いているのは、不幸だと思います。

原因を見つけ、自分を知ることで、今よりももっといい働き方を手に入れましょう!

 

スポンサーリンク