ヒッチハイク旅行記 – 日本を「やさしさ」だけで移動した全記録

ヒッチハイク旅行記 - 日本を「やさしさ」だけで移動した全記録 ヒッチハイク

こんにちは!こにこな(@koni_kona)です!

ここでは、こにこなが大学生に行った全14日間におよぶ、ヒッチハイク3000km(茨城県つくば市⇔鹿児島最南端)の旅行記をダイジェスト形式で振り返っています!

個別に詳細な記録もしてあるので、気になる人は各ページを見てください!

ヒッチハイク旅行記 – 日本を3000km「やさしさ」だけで移動した話


スポンサーリンク

1日目(つくば→名古屋)

初日なのにいきなり

「名古屋くらい行けるでしょ」

と余裕こいていたら、

「雨降ってきたし、暗いしやばいよ~~~」

ってなった話です。

2日目(名古屋市内→大阪)

初めて全然知らない人の家に泊まることになり、

ヒッチハイクって楽しい~~

ってなっている話です。

1万円をいただくことになり、

「このお金は使わずに必ず返しに来ます!」

と約束しました。


スポンサーリンク

3日目(大阪→宮島SA)

初めてサービスエリアでの野宿を経験!

1人のヒッチハイクの醍醐味である、「1人の辛さ」を経験。

今までの甘ったれた自分を反省し、ヒッチハイカーに求められるものかを考える一夜を過ごしています

4日目(宮島SA→鹿児島市内)

ついに鹿児島に上陸!

九州地方と中国地方をつなぐ「関門橋」の写真もあります。

意外と距離が近くてびっくりしました!

また、定年退職後に車一台で旅を続けている夫婦との出会いが衝撃的でした!

 


スポンサーリンク

5日目(鹿児島市内→佐多岬)

ついに!ついに、鹿児島最南端の佐多岬に到達!

行き帰りで2週間用意していたのに、5日間で到達することができたことにびっくりしてます。

最後は地元の女子大生の運転で到着!

感動のあまり少し涙…笑

6日目(鹿屋市内→湧水町)

この日はなぜか、知り合ったばかりのドライバーさんの友達の誕生日会に参加することになりました笑

そのまま家にお泊りさせていただくことに!

子ども6人と大人4人の中に入っていったので、ちょっとしたパーティーに笑

 

その日の夜、父親の顔を見たことがない僕は、こんなにいいお父さんたちもいるのかと少し涙


スポンサーリンク

7日目(人吉IC→小倉駅)

ゆっくりと北九州まで移動!

定年後まで仲の良い男女の友達でいる人たちに乗せてもらって、

「こんな仲の良い女友達が欲しい!」

とちょっと衝撃を受ける1日。

8日目(小倉東→宇部)

行きで車で通過した関門橋の下を通る「関門トンネル」を歩いて通過するという経験をしました!

意外に距離が短くて、散歩のために歩いているおじさんやおばさんがチラホラいました笑

北九州や、山口県に立ち寄った時はぜひ歩いて「関門トンネル」を渡って欲しいですね!


スポンサーリンク

9日目(宇部→福山)

この日は、ドライバーの方の家にお世話になりました!

初めて会ったばかりの僕にすごくやさしく接してくれて、なんと次の日のお弁当まで作ってくれました。。!

感謝してもしきれない。。

彼女と一緒にまた会いに行く約束をしたので、まずは彼女を作らねばw(※当時はいた)

10日目(福山SA→松原IC)

2日目に泊めていただいたSさんに再会しました!

行きで貰った1万円を返すためです!

無事に返すことができましたが、結局そのまままた1泊することに笑

大阪に第2の実家ができたみたいな感覚でした!

スポンサーリンク

11日目(羽曳野→名古屋港区)

下道でゆっくり名古屋まで移動しました。

数日前に雪にハマったところをおじいさんに助けてもらった際に、

「この恩は他の人に返しなさい」

と言われた人に乗せていただいたのが印象的な1日でした。

「恩を返す」ではなく、「恩を送る」っていう考え方が素敵ですね。

12日目(名古屋港区→浜松駅)

たまたま立ち寄った銭湯で、人生のすべてを失った方と出会います

子どもも家族も家も金もすべて失ってしまっい、今は小さなアパートで1人で暮らしていました。

本当にドン底に落ちてしまっても「人に頼れる強さ」を持とうと思った出来事でした。

13日目(浜松→静岡市内)

70歳をすぎた姉妹のおばあちゃんたちがとっても印象的な一日でした!

「若い人から元気をもらった」

と言ってましたが、こちらの方が逆に元気をもらいました!笑

14日目(日本平PA→つくば)

最終日です!

たまたま出会ったヒッチハイカーと一緒に2人でヒッチハイクをしました!

やっぱり1人よりも、2人の方が楽しかったです笑

 

そして、ついに2週間におよぶヒッチハイクの旅が終了しました!

まとめ

ヒッチハイクは、「少しの勇気」と「感謝の気持ち」だけで行けます!

いろんな出会いがあって、自分の中の価値観の広がりをすごく感じられると思います。

ちょっとでも気になっている人はぜひ行ってみてください!

この記録がこれからヒッチハイクをしようする人の背中を押せるようなものであることを願っています。

追記
北海道稚内までヒッチハイクで行ってきました!これにて日本縦断達成です!


 

スポンサーリンク