僕がヒッチハイクに行った5つの理由。なぜ行ったのか

僕がヒッチハイクに行った5つの理由。なぜ行ったのか 僕がヒッチハイクに行った5つの理由。なぜ行ったのか ヒッチハイク

こんにちは!こにこな(@koni_kona)です!

僕は大学時代(つくば⇔鹿児島)の合計3000kmに及ぶ距離をヒッチハイクで往復したことがあります。3000km、これは日本の縦の長さとほぼ一緒みたいです。実際には縦断はしてないんですけど、ほとんど一緒かなと思って日本縦断って言っちゃうこともあります。

ここでは、僕がヒッチハイクになぜ行ったのか、その理由を書いていきます!


スポンサーリンク

理由1 変わりたかったから

当時の僕は大学生だったんですが、300人規模の学生団体の委員長を務めていました。でも、大学に入るまではそこまで重要なポジションになったことがなかったので、正直「自分には荷が重いかもしれない。自信ないなあ」と思っていました。これを言うと当時のメンバーとか後輩には申し訳ないんですけどね笑

そういった、力不足を感じていた自分を変えたいと思ったのが一番のきっかけですね。

「このままでは自信のないくよくよした委員長で終わってしまうんじゃないか、何か変わらないと」

という気持ちから、とりあえずいろんな人と出会うことで自分の中で変化が起きるんじゃないかと思ってヒッチハイクに行きました。

幼きこにこな
確かにヒッチハイクだと色んな人に出会いそうですね!
こにこな
やっぱり変化って何かきっかけがないと起きないですからね。人との出会いは、人が変化する大きな要因のひとつだと思います。

理由2 お金がなかったから

これも大きな理由ですね!大学生ってお金がないんですよね笑

お金がない故に、例えば海外旅行とか行って普段は経験できないことをしてくるみたいなものってなかなか難しいじゃないですか。でも、ヒッチハイクだとそれほどお金をかけることなく行けてしまうんですよね!

もちろんやり方にもよりますが、僕は実際、2週間ヒッチハイクに行った結果、所持金1万円を使い切ることなく帰ってくることができました!

でも、実はこれはたくさんの方の親切があったおかげなんです。いろんな方からごはんをご馳走になったり、宿をお借りしたということがなければ、絶対もっとお金がかかると思います。加えて、宿がない時は高速道路のサービスエリアで寝たりとか、1日パンひとつで過ごしてみたりとか、極限までコストを減らしていたからというのはありますね。

僕みたいなヒッチハイクではなく、毎日どこかちゃんとした宿を取っても交通費分は浮くはずなので、普通に旅行するよりはコストを抑えることはできます。

幼きこにこな
お金がない、シビアな理由ですね
こにこな
お金がない故にできたことというポジティブな考え方もあります!ヒッチハイクしてる人が、裕福なのって普通はないですよね。

スポンサーリンク

理由3 おもしろそうだったから

新しい世界への好奇心!これも理由の1つです!

このわくわく感分かる人どれくらいいるのかなあ・・・。自分の知らない世界への興味ですね。ちょっと怖いけど、覗いてみたいというような感覚です。

男の人なら経験あるかもしれないですが、幼いころ父親のえっちな本で見つけて、「中身を見てみたい!でも怒られそう・・・やっぱり見たい!」みたいな間隔に似てるかもしれないです笑 ホラー映画をみたくなるみたいなものも一緒の類の感覚かもしれないです。

僕はこういう「ちょっと怖いけど見てみたい」というような欲求がある人なので、ヒッチハイクは最高に好奇心をかきたてられました!

こういったことに、「おもしろい!」と感じるタイプの人はヒッチハイクに向いてると僕は思いますね。

幼きこにこな
えっちな本見たいです!
こにこな
子どもは読んじゃダメです笑

理由4 若いうちにしかできないから

ヒッチハイクは若いうちにしかできない、ということはないですが、若い方が世間的にやりやすいですね。僕は記事執筆時24歳ですが、今もしヒッチハイクをやるとすると、21歳の当時よりはうまくいかないと思います。

社会人になると、「お金を自分で稼ぐ」というのが当たり前になってしまうので、そうなると「社会人なのにヒッチハイクするの?この人大丈夫かな?」みたいな見方はやはりされるでしょう。

その点、大学生をはじめとした若い人は、先に述べた理由の「お金がない」ということだけで、ある程度の理由として世間に受け入れられます。

また、「若い人ががんばってる」というだけで応援したくなる大人も一定数いて、そういった方たちが乗せてくれるというのはあります。特に子どもを持っている方だと、ヒッチハイクをしている人が若いと自分の子どもと重ねることもあるそうで、子どもに対する愛情と近しい感情から乗せてくれたちもするようです。

まあ、普通に考えても、中年のおじさんと生き生きとした青年だったら、後者の方を乗せたくなる人が多いですよね。

こういった理由から、年齢を重ねるほどヒッチハイクという経験はしにくくなるので、興味がある方は大学生や若いうちに行っておくことをおすすめします。

幼きこにこな
僕も行きたい!
こにこな
小学生は危ないのでダメです笑

スポンサーリンク

理由5 一生の宝物になると思ったから

最後の理由は、「一生の宝物になると思ったから」です。

実際行ってみて、やっぱりそれは当たってました。ヒッチハイクの経験は僕の中にずっと残っていて、今もしっかり生きています。あのヒッチハイクがあったからこそ、こにこな(小西湖南)という人間が生きているというのを日々実感しています。この経験は「一生の宝物」で、形はないですが、すごくすごく価値のあるものです。

ヒッチハイクに行かなかったら、絶対に得られなかった経験という価値、それが「一生の宝物」になります。

幼きこにこな
ちょっと臭いですね
こにこな
それは言わないお約束です笑

まとめ

僕はヒッチハイクに行って、多くのことを学びました。世の中には色んな人がいることを知りました。お金をかけても経験できない価値が、ヒッチハイクにはあります。

ちょっとでも、行こうかなと迷ってる人は行っちゃうことをおすすめします!きっと何かおもしろい変化が自分の中で生まれるはずです!

スポンサーリンク