【副業】Uber Eats(ウーバーイーツ)1週間でいくら稼げるのか検証しました!

【副業】Uber Eats(ウーバーイーツ)1週間でいくら稼げるのか検証しました! Uber Eats(ウーバーイーツ)

こんにちは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で痩せたいこにこな(@koni_kona)です。

先日、Uber Eats(ウーバーイーツ)を1週間コンスタントにやり続けたら、どれくらい稼げるのかという検証を行いました!

▼その時の動画はこちら

前回は1日中15時間やったらいくら稼げるのか検証しました。

今回は1週間コンスタントにやった結果どれくらい稼げたのか、稼ぐコツの考察を書いていきます。


スポンサーリンク

そもそもUber Eats(ウーバーイーツ)とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、フードデリバリーの仕事です。

ただ、通常のような1つの会社に所属して配達を行うのではなく、Uber Eats(ウーバーイーツ)に加入している複数のお店の食べ物を運ぶ仕事です。

誰でも登録して、説明会に参加し、専用のカバンを入手すれば即日働くこともできます

最大の特徴は、働く時間や頻度を自分で決めれること!

こにこな
自分の好きな時に好きなだけやることができるので、お小遣い稼ぎに最適ですね!

こういった誰でも簡単に自由にできることから、副業としてやっているサラリーマンも多いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の時間や場所

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達員として仕事をすることができる場所と時間の説明をしていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働ける場所

東京をはじめ、埼玉・大阪・名古屋・福岡などでUber Eats(ウーバーイーツ)は行われています。

配達員はもちろんですが、食べ物を頼むことも対象エリアでは可能です。

今回の検証では、最も注文が多い東京エリアで行いました!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働ける時間

対象エリアにもよりますが、今回僕が検証を行なった東京エリアは、

9:00〜24:00

の間で行うことができます。


スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)1週間でどれくらい稼げたのか

本題の1週間でいくら稼げたのかについてですが、今回は以下のような条件で行いました。

今回の条件
・平日は夜の2時間

・休日は昼間の4時間

この時間にしたのは、あくまでも副業として適切かどうかを調べるためです。

1週間で合計18時間Uber Eats(ウーバーイーツ)をやったことになります。

で、実際にどのくらい稼げたのか…

やってみた結果…

 

 

 

28,417円

 

 

でした!

こにこな
副業としては結構稼げましたね!

1週間続けてみて分かったこと

1週間(合計18時間)やってみて、分かったことがいくつかあります。

平日夜は体力的にキツイ

今回は平日の夜にも毎日2時間ずつUber Eats(ウーバーイーツ)を行いました。

僕は普段は日中に仕事をしたり、動画編集をしたりしているので、日中で疲れています。

その後の、平日夜の体力仕事は正直辛かったです…。

もちろん毎日ではなく、

「毎週この曜日はUber Eats(ウーバーイーツ)」

と決めてやればいい運動になっていいと思います。

こにこな
平日に数回程度なら適度な運動でいいと思いました!

土日はブーストやクエストで稼ぎやすい!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入は

①基本報酬
②ブースト報酬
③クエスト報酬

の3つの要素からなります。

平日はエリアによっては、①の基本報酬のみしか発生していない場合が多く、なかなか追加報酬を多く受け取ることができません。

一方で休日は、ブースト報酬やクエスト報酬が上乗せされるので、同じ時間をやっても休日の方が稼ぎやすいです。

こにこな
休日の稼ぎ時に数時間やるだけでも時給1500円くらいは稼げます!

雨の日は報酬は増えるけど…

今回、検証中に雨の日が1日ありました。

結論から言うと、雨の日はやめておいた方がいいです。

雨の日は、みなさんやりたくないため、配達する人が減るので、報酬も上がりやすいです。

しかし、滑りやすくなる上に寒いし、しんどすぎる…

それ相応の対策をしなければ、雨の日は厳しいでしょう…


スポンサーリンク

まとめ:曜日と時間を決めてやるのが吉

今回は1週間(合計18時間)Uber Eats(ウーバーイーツ)をやってみました。

平日毎日やるのは正直大変ですが、曜日を決めたり、休日だけUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーで稼ぐのは適度な運動にもなって良いと思います。

サラリーマンの方でも学生の方でも、お小遣い稼ぎにやってみてはどうでしょうか?

専門性は必要なく、Webで3分で登録して、配達用のバックを受け取るために15分ほどの説明会に参加するだけ!

ぜひ気になる方は下記ボタンから登録してみてください!

スポンサーリンク