YouTubeを毎日投稿するための4つのコツ!継続すれば伸びる!

YouTubeを毎日投稿するための4つのコツ YouTubeノウハウ

こんにちは、YouTuber「こじらせギャング」のこにこな(@koni_kona)です。

毎日21時に動画投稿を初め、早くも3ヶ月が経ち、動画本数も100本を超えました。

YouTube毎日投稿3ヶ月した結果!チャンネル登録数が2倍に!

2018.12.18

よく、

お友達
毎日投稿すごいね!

と言われるのですが、毎日投稿する工夫をして、なんとかやっていけてる状態です。

今日は、僕らが毎日投稿するための工夫を紹介していきます。


スポンサーリンク

そもそも毎日投稿は必要か

「毎日投稿は必要か」

この討論は、YouTube同士の会話でよくされています。

実は毎日更新を行なっているYouTuberが多いのは、世界的に見ても日本ぐらいです。

そして、YouTubeの公式クリエイターズアカデミーでは、週1回の投稿をオススメしているだけで、毎日投稿に関しては特に言及していません。

むしろ公式では、無理のない動画投稿をオススメしています。

じゃあ、毎日更新しなくてもいいのかというとそういうわけではなく、できるのであれば毎日更新した方が、更新頻度が保たれ、ユーザーから「毎日投稿している人」というイメージを保たれるでしょう。

ただ、無理にする必要はないということです。

「週に1回◯曜日にアップする」

というだけでも大丈夫です。

大事なのはあくまでの一貫性です。

この話は長くなりそうなので、また別の記事に書こうと思います。

毎日投稿の4つのコツ

ここからは毎日投稿をするための4つのコツについて書いていきます。

1.企画日・撮影日を決める

一番大事です。

企画日と撮影日を必ず決めましょう。

これを決めないと行き当たりばったりの予定になり、YouTube以外の生活にも影響を及ぼします

僕たちも最初は行き当たりばったりで撮影や企画や編集をやっていたのですが、本当に大変でした。

こにこな
毎日迫る締め切りにストレス溜まりまくりでした。。

今は企画日と撮影日を決めています。

これにより、それ以外の日は比較的自由になります。

また予定が決まっているため、ストレスフリーに活動できています!

こにこな
毎日投稿をする場合は、必ず企画日と撮影日を決めてください!

2.毎週やる企画を決める

2つ目のコツですが、毎週やる企画を決めましょう。

企画日があるとはいえ、毎日投稿を行なっていると毎週毎週7つもネタを考えることがストレスになります。

それを少しでも軽減するために、毎週やるシリーズを作りましょう。

こじらせギャングの場合、「あるあるシリーズ」「大食い早食いシリーズ」をほぼ毎週やっています。

これにより、実質毎週考えるネタは5つになっています。

こにこな
一貫性も生まれ、シリーズごとに見てくれるファンも出てくるのもいい点です!

3.いざという時のために動画をストックする

3つ目ですが、いざという時のために動画をストックしておきましょう!

毎日投稿を行なっていると、何かしらのトラブルで予定していた動画がアップできないことがあります。

例えば、

こにこな
動画のデータが死んだ。。

とか、

こにこな
絶対言わなきゃいけないことを言って撮影できてない。。撮り直す時間もない。。

など。

それらを回避するために、いざという時のためのストックを持っておきましょう。

4.編集を簡略化する

最後ですが、編集の作業をできるだけ簡略化しましょう。

YouTubeは動画の撮影よりも、編集の方が時間がかかります。

その時間を少しでも短くする工夫をしないと疲れてしまいます。

以下、工夫の例です。

編集の簡略化の工夫
・テロップ(字幕)のパターンをいくつも用意する
・エフェクト(効果)のパターンをいくつも用意する
・企画説明の流れをパターン化する
・頻繁に使うの効果音やBGMをまとめておく
・撮影しながら編集を考える

他にもたくさんありますが、工夫次第で編集スピードはあがります。

こにこな
僕らもまだまだヒヨッコなので、ぜひ編集の工夫などを教えてください!

スポンサーリンク

まとめ:毎日投稿は工夫次第

色々偉そうに書いたのですが、僕らもまだ毎日投稿を初めて3ヶ月です。

おそらくもっとこれから工夫していくと思います。

ただ、これからも変わらないことは、毎日投稿をするやる気だと思います。

こにこな
おそらくこれが一番大事です

毎日投稿をするYouTuberさんは多いですが、手間も時間もかかるので、並大抵の努力じゃできないと思います。

こにこな
自分で言うのもなんですが。。

この記事がこれからのYouTuberさんの力になれば幸いです。

スポンサーリンク