「YouTubeで稼ぐ」意識はなくそう!稼げない理由と厳しい現実

「YouTubeで稼ぐ」意識はなくそう!稼げない厳しい現実 YouTubeノウハウ

こんにちは、YouTuber「こじらせギャング」のこにこな(@koni_kona)です。

YouTubeで毎日動画投稿を初めて、もうすぐ4ヶ月。そろそろYouTuberとして”駆け出し”から”アマチュア”になりそうな気がしています。

YouTube毎日投稿4ヶ月した結果!チャンネル登録数や収益公開!

2019.01.11

4ヶ月もやってると、時々

モノ好きさん
YouTubeで稼ぎたい!教えて!

みたいなことを聞いてくる人もいます。

ただ、僕は「YouTubeで稼ぐ」ということをあまりオススメしません

今日は、YouTuberの稼ぐことが難しい理由と現実について書いていきます。

こにこな
これからYouTuberを目指す人はぜひ読んで欲しいです

スポンサーリンク

YouTubeで稼ぐのは難しい

「YouTubeで稼ごう!」

「YouTubeは稼げる!」

と思うが多いらしく、僕のブログもそういった検索ワードから読まれることが多くあります。

知人からも聞かれますし、Yahoo知恵袋でも似たような質問が山ほど寄せられています。

こにこな
みんなお金大好きですね笑

3、4ヶ月ほどやってみて思ったのが、

YouTubeで稼ぐのは難しい

ということ。

YouTubeで稼ぐのが難しい理由

ここからは、YouTubeで稼ぐのが難しい理由を書いていきます。

収益化のハードルが高い

1番の理由は、「収益化のハードルが高い」ことです。

YouTube収益化の基準
・再生時間4000時間
・チャンネル登録者1000人

2019年1月現在の収益化ハードルは上記の通りになっており、これを越えることがなかなか難しい状況です。

僕も3ヶ月半毎日投稿してやっと届きました。

もちろん動画のジャンルだったり、その人の才能だったりで、もっと早くも遅くもなります。

ただ、「YouTuber」のイメージの高いエンタメ系の何でもやるチャンネルの場合、特別な才能がない限り最速でも3ヶ月はかかると思います。

審査までも時間がかかる

収益化のハードルを超えてからも審査という壁があります。

この審査なのですが、2019年1月現在、1ヶ月から2ヶ月の時間を要するようです。

この間はもちろん収入にならず、1円ももらえない中で動画投稿を進めることになります。

なので、

合計5ヶ月から半年は収益化までかかる

ことになります。

この間、動画投稿を絶やさずに続けられる人のみがやっとスタート地点に立つことができます。

こにこな
半年の無給をすることができる人しかなれない現実があります
2019年4月追記

最近は審査期間が改善され、2週間前後で審査が終わる場合がほとんどです。

収益化が始まっても数万円しか稼げない

そして、収益化が始まっても数万円程度しか稼げません。

厳密に再生数やチャンネル登録数と収益の関連性は明らかになっていませんが、1再生0.1円と言われています。

収益化開始直後のYouTuberの再生数は、月によくて20万再生がいいところです。

つまり、2万円程度にしか収入にならないということ。

こにこな
普通に働いた方がよっぽど簡単にたくさん稼げますね

スポンサーリンク

YouTuberやるなら稼ぐ以外の気持ちを!

結論ですが、「YouTubeで稼ぐ」というのは厳しいです。

なので、YouTubeをこれからやる方は、「稼ぐ」以外の気持ちを大切にできる人のみがやっていけると思います。

そもそもなのですが、YouTubeのテーマは、

「好きなことで、生きていく」

です。

なので「稼ぎたいからYouTubeやる」というのは、YouTube的にも望んでいないはずです。

また、YouTubeを本気でやると、たくさんの時間を要します。

こにこな
ちなみに僕は毎日5時間くらいはYouTubeのことをしています

そんなたくさんの時間を要する重要な意思決定ですから、「お金」ではなく「好き」や「夢」を大事にしてはどうでしょうか。

まとめ:好きや夢を大切にYouTubeを

YouTubeで稼ぐのは本当に難しいことです。

稼ぐという意識でやってると失敗すると思います。

この記事を読んでいる人が思い描くYouTuberさんたちは、きっと「稼ぐ」ということを考えずにYouTubeをやってきた人たちです。

「稼ぐ」ではなく、「好き」や「夢」を動画で表現するためにYouTubeをやってみてはどうでしょうか。

収益化前に稼ぐ方法はこちら
YouTubeで収益化前に収益を得る6つの方法
スポンサーリンク