YouTube再生時間の増やすための考え方と実践的な2つの手法

YouTube再生時間の増やすための考え方と実践的な2つの手法 YouTube

こんにちは!YouTubeアナリストのこにこな(@koni_kona)です!

YouTubeの収益化の基準には再生時間4000時間があります。

【2019年4月】YouTubeの収益化の審査期間は?早いチャンネルの特徴も公開

2019.01.16

YouTube収益化の基準は?基準達成までにすべきこと教えます

2019.01.25

これがけっこう高いハードルで、

YouTuberさん
さっさと増やしたい!

と悩む人も多いと思います。

今日は、効率よく再生時間を増やしていく方法をまとめます!


スポンサーリンク

再生時間を増やすための3つの考え方

再生時間を増やす考え方としては、

  1. 再生回数を増やす
  2. 再生維持率を高める
  3. 1本の動画を長くする

の3つが重要です。

再生回数を増やす方法

再生回数を増やす方法としては、まずたくさん動画を出すこと。

そして、人が見たくなる動画を出すことが大事です。

特に人が見たくなる動画を出す意識は非常に重要で、日記のような動画だったり、身内にしか分からないような内容だと意味がありません。

こにこな
自分が普段見ているYouTuberの動画の特長を考えて、実践してみましょう

再生維持率を高める

再生維持率も非常に重要です。

簡単に言ってしまえば、飽きない動画を作ることです。

どれだけ長い動画を作っても、途中で飽きる動画であれば意味がありません。

こにこな
再生時間もそれでは増えません

飽きさせないように工夫をすることや、動画内の無駄な箇所を細かくカットする意識を持ちましょう。

1本の動画を長くする

最後は動画を長くすることです。

1本あたりの動画が長ければ再生時間も稼ぎやすいです。

しかし、維持率を意識してないと意味がないので、動画を作る際は意図的に長くするのは好ましくないです。

こにこな
「動画の長さ」と「維持率」では維持率を絶対に優先しましょう!

再生時間を増やすために有効な手法

ここでは、より具体的な再生時間を増やすための手法を2つ紹介します。

1.ライブ配信

ライブ配信を長時間継続してみてくれる人が多く、またたくさんの人が同時に見てくれるので、再生時間の増やしやすいです。

ただし、内容が誰がみてもおもしろくないようなものであったりすると、再生されないので、エンターテイメント性は必須です。

こにこな
トーク力に自信がある人は積極的に行いましょう

2.シリーズ化

動画の内容をシリーズにして、たくさんの動画を見てもらうのも有効です。

例えば、シリーズ10本にストーリー性のあるものや、10本全部見ると理解が深まるものにすると、複数の動画の再生になりやすいです。

再生リストを作ると、自動的に次の動画の再生になるのでより公開的です。


スポンサーリンク

まとめ:内容と視聴者視点が大事

以上が、再生時間の増やし方のコツでした!

再生時間を増やすために、長時間の動画や本数を稼ぐ必要はありますが、大事なのは視聴者が見ておもしろく、飽きない動画であるかどうかです。

再生時間にとらわれて、それを見失っては本末転倒です。

見てくれる人のことを考えた動画作りがもっとも収益化の近道とも言えます。

こにこな
チャンネル登録を増やすための方法は下の記事で!
スポンサーリンク